年齢肌と戦う母
  • HOME >
  • お顔のシミが気になり初めたら、まずは、毎日の

お顔のシミが気になり初めたら、まずは、毎日の

お顔のシミが気になり初めたら、まずは、毎日のスキンケアで気になるシミを目立たなくしたいと思いますよね。
しかし、それでは解決しない時はクリニックに行けば、レーザーの照射などでシミを取るという方法もあるのです。エステのメニューの中には特殊な光を使いお肌のシミを薄くするメニューを取り入れているところもあるようですが、病院の皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。
また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)科などでは、レーザー治療という形によってシミ消しが可能なのです。一度でも合わない化粧品をデリケートな肌の方が使うと、途端に肌が悲鳴をあげるので、落胆しますよね。極めて注意したいのがエタノールといわれる成分です。

ニキビ用の化粧品にはほとんど使用されているのですが、敏感肌には影響が強く、逆に悪化する恐れがあります。


皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。
また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)科で処方されるのなら問題ありませんが、市販の化粧品を購入される時はどうぞお忘れなく。アトピーが気になっている人は、天然成分だけでできているようなスキンケア化粧品を使用するといいでしょう。アトピーは塩水によって治すことが出来るという説もあり、浴槽のお湯に塩を混ぜたり、夏は海で頻繁に海水浴をすると症状が改善するとされています。

しかし、実は、アトピーの箇所にはかき傷があることがほとんどで、この方法では大変しみてしまうのが欠点です。敏感肌でお悩みの原因は、水分が足りないために起こることが多い為すが、肌質に合っていない化粧水を使っても、逆に悪化させてしまいます。



肌質にふさわしい低刺激の化粧水を使うことで、ふんだんに保湿をするようにして下さい。ダブル洗顔はダメージを与えますので、あまり刺激のない肌に合うクレンジングで、メイクオフするようにした方がいいです。肌トラブルが起きますと、そこがシミになる時があります。例えば、ちょっとした外出における日焼けです。


ぴりぴりして嫌なときのみではなく、痛まないときでも分からないだけで軽い炎症が肌に起きているのです。美しい肌を造る方法とは、紫外線対策といっても過言ではないですよね。
健康維持を目的として喫煙習慣を止める方が多くなってきましたが、禁煙は、お肌のケアという観点からも、とても良く、プラスに作用します。

タバコを吸うという行為によって、お肌のコンディションを良い状態にしておくために必ず必要な栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)として知られる多量のビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すればいいというものでもありません)Cを浪費してしまっています。つまるところ、タバコを吸う行為は、シミなどに代表されるお肌の不調のいわば元凶となるというりゆうです。禁煙したらお肌のコンディションが好調になるというのは多くの人が実際に感じている事実です。



顏にいつの間にか増えてしまったシワについては消せるものなら消したいものです。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年をとおして紫外線対策をし、対策を怠り、日焼けしてしまったら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。
冷やして熱をとり、化粧水、美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)などを使ってしっかり保湿をし、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。

こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングに繋がることにもなります。徹夜が続いてニキビ顔になってしまいました。

私はすぐニキビが出来る方なので、わずかでも肌に負担を掛けるとニキビでぶつぶつになるのです。

だから、忙しかろうとなかろうと、少しでも早く寝てしっかりと睡眠時間を確保するように注意しています。

ニキビの大敵は睡眠不足だと思います。


毛穴をキュッと引き締めるために収れん化粧水を使ってケアを行う方もいますね。
これは皮脂の分泌をセーブしてくれて爽快感も感じるので、夏には助かるアイテムなのです。使うタイミングは洗顔後に通常の化粧水、乳液を塗ってから、その後にもう一度これを使うようにします。

コットンにたっぷりと取って、下から上に向かって入念にパッティングをしてあげましょう。

洗顔をする場合、ごしごしと洗うと乾燥した肌にはすぐさま傷がつきますから、なるべく優しく洗顔するようにして下さい。加えて、化粧水は手の上にたっぷりと取り、手の温度で温めてから肌につけるようにしましょう。温度というのが体温に近いと浸透力が上がり、より化粧水が肌に取り込まれやすくなります。

関連記事はコチラ

メニュー